東京(23区)
多摩・武蔵野
神奈川
 
千葉
 
埼玉
茨城
栃木
群馬
静岡
福島
相続とは
 相続の方法について
 遺留分とは
 遺留分がある相続人
 遺留分減殺請求権の行使方法
 遺留分がなくなる場合

相続税
 相続税の大幅増税
 贈与税の緩和

■遺言とは
 遺言があった方が良い場合
 遺言書を作成する前の準備は
 遺言ができる内容は
 遺言の方法
  1、自筆証言遺言
  2、公正証書遺言
  3、秘密証書遺言

成年後見制度とは
  成年後見制度の種類
  1、任意後見制度
  2、法定後見制度

家族民事信託
 家族の為の民事信託
 民事信託・家族信託

不動産
 土地の分割に関する相談
 小規模宅地等の特例緩和(減税)
 空き家に関わる譲渡所得の特別控除の特例
 個人相続

遺品整理
 遺産整理とは

よくある疑問Q&A

相続とは
相続税
遺言とは
成年後見
 
相続税は平成27年1月〜大幅増税
 これまで一部の富裕層しか関係がなかった相続税でしたが、平成27年から課税対象者が大幅に拡大されています。
◆基礎控除額引き下げ
■改正前『5,000万円+1,000万円×法定相続人の数』
■現 行『3,000万円+600万円×法定相続人の数』
※《法定相続人が3人の場合…8,000万円から4,800万円へ大幅引き下げ》  
相続税の最高税率も改正前の50%から55%となります。


贈与税の緩和(若年世代への有効活用)
(1)教育資金贈与非課税の特例(平成25年4月1日〜平成31年3月31日限定措置)
祖父母等が孫等に将来の教育資金を一括で贈る場合、孫一人あたり1,500万円(学校以外は500万円)まで非課税。(注)もらった人が30才に達した年に残金に贈与税が課税されます。(申告は翌年2月1日から3月15日まで)
(2)贈与税・税率構造緩和(平成27年1月〜適用)
(3)相続時精算課税制度に孫を追加(平成27年1月〜適用)
(4)結婚・子育て資金の一括贈与非課税の特例が創設(平成27年4月〜平成31年3月31日限定措置)
(5)ジュニアNISAで家族で非課税投資が可能になります。(平成28年1月〜平成35年限定措置)
Copyright © 2015 Communications Corporation. All Rights Reserved.−会社概要